close
close
menu
お気に入りに追加すると、追加した企業に一括で打診することができます。
売却案件を登録している場合、相手企業に通知が届きスカウトを受けることができます。
  • 会社・事業買収

医療ソフトとグローバルIT開発で高収益モデルを確立。「仲間」として共に成長を目指しませんか?

  • 買収予算:未設定
  • 買収期間:未設定
  • 募集エリア:未設定
株式会社Ubicomホールディングス

株式会社Ubicomホールディングス

  • 公開日:2019/10/01
  • 更新日:2019/10/02
  • 閲覧数:711
  • 気になる:12

このキーワードにマッチする企業をさがしています

募集の概要

会員登録、もしくはログインすることで見ることができます

M&Aの方針

会員登録、もしくはログインすることで見ることができます

M&Aの戦略

何をやっているのか?

Ubicomホールディングスでは、国際化、少子高齢化といった社会構造の変化や課題にいち早く着目し、労働力不足解決支援や医療費適正化政策に代表される「国策」に合致したソリューションを提供することを理念として掲げ、主にグローバル事業とメディカル事業の2つの事業を展開しています。 グローバル事業では、フィリピンや中国にある当社の開発拠点を生かし、国内外の自動車、金融、医療、製造、小売・サービス、公共インフラなどの顧客を対象に、組込みソフトウェア開発、ビジネスアプリケーション開発、ソフトウェアテスト、システムメンテナンスといった広範なサービスを提供しています。フィリピンの拠点では、優秀なIT人材を採用・育成・活用し、日本語対応可能な大規模開発体制を構築しており、更には先進技術開発センターにおいて3A(「Automation/RPA:自動化」「Analytics:分析」「AI:人工知能」)等の先進技術を搭載した当社独自のソリューション開発に注力しています。 メディカル事業では、病院等の医療機関に対して、レセプト(診療報酬明細書)点検ソフト「マイティーチェッカー」をはじめとする業務効率化および経営改善に資するソリューション、医療データ分析エンジン、コンサルテーションサービスなどを提供しています。当社製品を導入している医療法人の数は、全国で1万5,000を超えています。 IT人材の不足は我が国における深刻な課題です。一方、膨張を続ける医療費の適正化も大きな課題の一つであり、レセプトデータ等医療データの活用、医療経営の効率化が求められています。当社はこのような社会課題に対応する独自のソリューションを提供することで、確実に需要を取り込んでいます。

何を目指しているのか?

当社はこれまで、トップラインよりも利益の拡大を重視し、収益性の高いビジネスモデルを構築することに力を入れてきました。 たとえばグローバル事業では、長年の直取引で培った技術ノウハウと、自動化、AI、データ分析といった先端技術を融合させ、高収益のソリューションビジネスモデルを開始しました。メディカル事業では、医療の効率化や病院経営の改善といったニーズを背景に、サブスクリプションモデルを確立。こうした取り組みの結果、売上高経常利益率は17%を超えています。(2020年3月期第1四半期実績) 今後も、「高収益モデルの確立を経て、国益に資する事業のさらなる展開」を成長ビジョンに掲げ、2020年度までに売上高経常利益率20%以上を目指します。 また、高度人材や特定ドメインにてトップクラスの知見を有する人材への投資、そして先端技術・R&D投資の実行により、他に先駆けた新しい市場の創造と新規事業の早期立ち上げに取り組んでいます。

何を必要としているのか?

会員登録、もしくはログインすることで見ることができます

何を提供できるのか?

会員登録、もしくはログインすることで見ることができます

起業家・経営者に向けてひとこと

会員登録、もしくはログインすることで見ることができます