『ebisumart』のインターファクトリーが、インフラ運用、SIer、Webマーケ領域で仲間を募集

  • 会社・事業買収
    出資
気になるに追加すると、追加した企業に一括で打診することができます。
売却案件を公開している場合、相手企業に通知が届きスカウトを受けることができます。
株式会社インターファクトリー

株式会社インターファクトリー

  • 公開日:2022/07/21
  • 更新日:2022/07/21
  • 気になる:2

このキーワードにマッチする企業をさがしています

募集の概要

買収対象領域
●インフラ・サーバー運用 インフラエンジニアが多数在籍し、企業のIT基盤の設計・構築から運用・保守までを請け負っている企業 ●Sler システム受託開発企業 ●Webマーケティング インターネット広告代理店、広告運用代行企業等
実現したいこと
既存領域の強化
募集の特徴
買収スケジュール
公開情報、決算書類、文書による質疑応答等をもとに、簡易的なデューデリジェンスや面談を通じて、当社とのシナジーや貴社の事業成長性を判断させていただき、迅速に意向表明いたします。

M&Aの方針

買収対象業種
買収除外対象
上記と全く関連のない領域は対象外とさせていただきます。
買収予算
〜5,000万円5,000万円~1億円1億円〜3億円3億円〜10億円
契約締結までの期間
最短3ヶ月
募集エリア
  • 北海道
  • 東北
  • 関東
  • 中部
  • 近畿
  • 中国地方
  • 四国
  • 九州・沖縄
  • 海外
ロックアップ
交渉次第

M&Aの戦略

何をやっているのか?

SaaS型非カート型市場において、3年連続でECサイト構築ツールシェアNO.1を獲得。 SaaS型非カート型市場において、3年連続でECサイト構築ツールシェアNO.1を獲得。

当社は、SaaS型非カート型市場において3年連続でECサイト構築ツールシェアNo.1※を獲得したクラウドコマースプラットフォーム『ebisumart(エビスマート)』を提供しています。

『ebisumart』は、業界業種やBtoC・BtoBを問わず、大規模EC事業者様を中心に累計700サイト(2022年5月末時点)以上の導入実績を誇ります。日々アップデートするASPのような最新性と、ECパッケージのカスタマイズ性を両立させた中~大規模向けクラウドEC製品で、強豪ひしめくEC構築市場でも独自のサービスポジションを築いています。新規顧客の内訳を見ると、リプレース割合が高く、さらなるEC売上の拡大を志向する事業者様に特に好まれる傾向があります。

このebisumartのノウハウを生かし、2022年1月、スタートアップ・中小規模EC事業者様向けの新サービス『ebisumart zero(エビスマート ゼロ)』の提供を開始しました。ECサイトを手軽に作成できるASP型カートシステムの強みを持ちつつ、在庫連携などの業務効率化や、自由度の高いサイトデザインを可能にしています。

ECへの需要増加を背景に、直近5期間の売上高成長率は年平均22.6%を示すなど、業績は順調に推移しています。

※富士キメラ総研「ソフトウェアビジネス新市場2019-2021年版(数量ベース2018年度-2020年度)」調べ

何を目指しているのか?

ebisumartのターゲット層は、年間GMV(流通取引総額)1~100億円の中・大規模EC事業者様が中心です。ここで培ったノウハウを生かし、スタートアップ・中小規模EC事業者様をターゲットに『ebisumart zero』の提供を開始しました。加えて現在は、大規模ハイエンド層向けの製品を開発中です。

これらの製品ラインナップにより、スタートアップから大規模ハイエンド層まで幅広いターゲット層を網羅したECプラットフォームを提供していきます。また、ebisumartだけでなくECとシナジーのある関連ソリューションなど新規事業の創出にも取り組む予定です。

数値的には、売上高成長率年20%を維持し、2024年には売上高37.9億円、営業利益3.79億円を目指していきます。

ゆくゆくは、「大規模事業者向けクラウドEC市場でのトップランナー」から、「国内EC構築市場のリーディングカンパニー」へ飛躍したいと考えています。

何を必要としているのか?

取締役 CMO:三石 祐輔 取締役 CMO:三石 祐輔

収益構造の多様化や、EC関連を基軸とした売上拡大、人材の確保・育成の手段としてM&Aを検討しています。特にM&Aの大きな目的としているのが人材の育成です。当社とは業務内容や保有技術の少し異なる企業をグループに迎え、お互いの社員同士が技術的な交流を図ることで、優秀な人材に多様な成長機会を提供したいと考えています。具体的に検討しているのは以下の領域です。

●インフラ・サーバー運用
インフラエンジニアが多数在籍し、IT基盤の設計・構築から運用・保守までを請け負っている企業を求めています。当社グループにジョインしてもらった後は、当社のインフラ構築や運用を担いつつ、外部の顧客に対してもサービスを提供してもらうイメージを描いています。

●Sler
システム受託開発企業を求めています。得意ジャンルは問わず、EC関連に強い会社でなくとも構いません。可能であれば、自社サービスを持っている企業を歓迎します。お互いのエンジニアが交流しながら、知見・技術を高めるような取り組みを行いたいと考えています。

●Webマーケティング
お客様にWebマーケティングの支援を行っていますが、メインの事業領域ではないため、インターネット広告代理店・広告運用代行会社などWEBマーケティングのプロを仲間に迎え、マーケティング力をさらに強化したいと考えています。

基本的には、国内の全エリアを想定しています。ただ、日本資本であれば海外拠点企業でも検討可能ですので、お気軽にご連絡ください。

何を提供できるのか?

当社が売り手企業に提供できるメリットは以下の通りです。

●国内エンタープライズ企業への販売網の共有
BtoC、BtoBを問わず、大規模EC事業者様を中心に累計700サイト以上の導入実績があります。これらの顧客に対して、貴社製品・サービスのアップセルやクロスセルが期待できます。

●エンジニアリソース共有およびエンジニア人材育成
当社はエンジニア人材を抱えています。貴社との積極的な人材交流を図り、育成の機会を創出したいと考えています。

●大手企業のWebマーケティングに携わる機会
ブランド力の高い大手EC企業は、トレンドの最先端を行くマーケティング活動を行っています。当社グループに加わった企業には、そのような大手企業のWebマーケティング案件にかかわる機会を提供できます。

●共同での新規事業開発
当社では新規事業や研究開発の組織を設け、日々新しいサービスの創出に取り組んでいます。共同研究に取り組んで今までにないサービスをつくりましょう。

起業家・経営者に向けてひとこと

当社は国内EC構築市場におけるトップシェアを獲得し、ECのリーディングカンパニーとなることを本気で目指しています。少しでも共感する部分があれば、お気軽にご連絡ください。一緒に日本一を実現しましょう!