お気に入りに追加すると、追加した企業に一括で打診することができます。
売却案件を登録している場合、相手企業に通知が届きスカウトを受けることができます。
  • 会社・事業買収

「ネットワークインフラの可視化」で幅広い顧客資産を持つIBC。成長に挑戦する“心意気”ある会社求む!

  • 買収予算:
    〜5,000万円5,000万円~1億円1億円〜3億円3億円〜10億円
  • 買収期間:最短2ヶ月
  • 募集エリア:未設定
アイビーシー株式会社

アイビーシー株式会社

  • 公開日:2019/10/28
  • 更新日:2020/04/03
  • 気になる:9

このキーワードにマッチする企業をさがしています

募集の概要

会員登録、もしくはログインすることで見ることができます

M&Aの方針

会員登録、もしくはログインすることで見ることができます

M&Aの戦略

何をやっているのか?

アイビーシーは、情報通信ネットワークの稼働状況や障害発生の予兆等を監視するツールの開発・販売・サポート及びコンサルティングを手掛けています。2002年の創業以来、一貫して「ネットワークインフラの可視化」を追求してきました。

もともと私は、企業の情報システムの中心がメインフレームと専用線だった時代から、日本を代表する大手システムインテグレーターや通信会社、通信機器メーカーの案件に携わり、ネットワーク、サーバー周りの知見を積み重ねてきました。
その後、ネットワークがどんどん高速化していき、企業内でも多様な機器が使われるようになりました。そこで必要になってきたのが、ネットワークを可視化することです。さまざまなベンダーの機器・ネットワークを利用するうえで、その性能情報を客観的にとらえて可視化することは、システムの稼働品質の向上やコストの最適化に大きな役割を果たすことになる――そのような思いで創業したのが、アイビーシーです。

当社の最大の強みは、性能監視に必要な製品を自社で開発している点にあります。現在の主力製品「System Answer G3」は、ネットワークコンピューティング領域で100メーカー以上の製品に対応し、性能情報を丸裸にできるツールです。これほど多くのメーカーに対応できる性能監視ツールを有しているのは、おそらく世界中を探しても当社以外にないと自負しています。
「System Answerシリーズ」以外にも、24時間365日有人監視サービス「SAMS」や、ブロックチェーン技術を活用したIoTセキュリティ基盤サービス「kusabi(TM)」など、ネットワーク関連でさまざまな自社開発プロダクト・サービスを開発・販売。インフラ周りのコンサルティング・設計・運用までをワンストップで提供しています。

何を目指しているのか?

当社は今後の成長戦略として、「成長分野への進出」「サービス領域拡大」「新製品の販売」の3点を掲げています。特に昨年度は、成長分野への進出に力を入れてきました。

その一つが、ブロックチェーン技術を活用したIoTセキュリティ基盤サービス「kusabi」です。今後巨大な市場となるIoT市場において、セキュリティ対策が大きな懸念となっています。「kusabi」は電子証明システムとデバイスプロビジョニングという当社が取得した二つの特許技術を軸に、IoTのセキュリティ対策が実現できる画期的なサービスであり、NIST(アメリカ国立標準技術研究所)が規定するセキュリティ基準「検知」「対応」「復旧」を実現します。

もう一つ、保険とテクノロジーをかけ合わせたInsurTech(インシュアテック)の領域にも注力しています。子会社iChain株式会社にて、保険ポートフォリオ管理用のスマートフォンアプリ「iChain保険ウォレット」の配信を開始したほか、少額短期保険会社向けのSaaS型保険業務プラットフォーム「iChain Base」を提供しています。保険はまだまだデジタル化が遅れている分野であり、将来の成長に大きな可能性を秘めています。

何を必要としているのか?

会員登録、もしくはログインすることで見ることができます

何を提供できるのか?

会員登録、もしくはログインすることで見ることができます

起業家・経営者に向けてひとこと

会員登録、もしくはログインすることで見ることができます