ママ向けメディアとして急成長するベビーカレンダーが、一緒に成長する企業を募集中!

  • 会社・事業買収
    出資
気になるに追加すると、追加した企業に一括で打診することができます。
売却案件を公開している場合、相手企業に通知が届きスカウトを受けることができます。
株式会社ベビーカレンダー

株式会社ベビーカレンダー

  • 公開日:2019/11/22
  • 更新日:2022/01/13
  • 気になる:21

このキーワードにマッチする企業をさがしています

募集の概要

買収対象領域
●メディア・アプリ メディアをお持ちの企業様、一度お声がけいただけたら幸いです。 ●医療機関向けの各種ソリューションサービスの企画開発・販売会社 (大阪・名古屋・福岡を重点拠点としています。) ●医療機関向けの人材紹介等の支援サービス事業 (大阪・名古屋・福岡を重点拠点としています。) ●Web制作会社/HP制作会社/広告制作会社(動画含む) (大阪・名古屋・福岡を重点拠点としています。) ●アプリ開発(全国)
実現したいこと
新規事業の獲得
募集の特徴
買収スケジュール
必要な資料を確認させていただき、その後面談させていただきます。 その後は通常のMA工程をイメージしています。 

M&Aの方針

買収対象業種
買収除外対象
特にありません。
買収予算
〜5,000万円5,000万円~1億円1億円〜3億円3億円〜10億円
契約締結までの期間
最短1ヶ月
募集エリア
  • 北海道
  • 東北
  • 関東
  • 中部
  • 近畿
  • 中国地方
  • 四国
  • 九州・沖縄
  • 海外
ロックアップ
交渉次第

M&Aの戦略

何をやっているのか?

「赤ちゃんの笑顔でいっぱいに」をキーワードに、妊娠・出産・育児にかかわる領域において、産婦人科医院やプレママ・ママを対象にサービスを提供しています。主に次の2つの事業を展開しています。

○産婦人科向け事業
全国の産婦人科に対し、経営支援システム「ベビーパッドシリーズ」を中心として、ホームページ制作・動画制作、診察予約システムの構築など各種サービスを提供。「ベビーパッドシリーズ」は、導入先の各病院から、通院期のプレママや入院中のママにiPadを貸し出し、病院からの資料配布や出産・育児に役立つ情報を配信することで、患者さんへの安心感の提供、病院の業務効率化に役立てていただくサービスです。全国に約2,500ある産婦人科の2割にあたる約450院への導入実績があります。

○メディア事業
妊娠・出産・育児の情報サイト「ベビーカレンダー」を運営しており、主にスマートフォンアプリを通じて、出産前から1歳までのお子さまを持つ方に向けて、赤ちゃんの成長段階に合わせて必要な情報を、毎日個別にカスタマイズしてお届けしています。メディアの月間利用者数は約1000万人、月間閲覧数は約6,000万回を誇り、多くの企業様に広告を出稿していただいています。
同種のメディアはいくつもあるなかで、当社の強みは編集力です。大手出版社で妊娠・出産・育児雑誌の編集長を経験した者をリーダーとし、12名の編集者を揃え、ユーザーにとって本当に役立つ記事を月間約300本制作しています。記事は、医師・助産師などのプロフェッショナルが全て監修し、信頼性を高めています。

なお、「ベビーパッドシリーズ」のシステム開発や運用、「ベビーカレンダー」のアプリおよびウェブサイトの制作、運用などは、静岡県三島市の当社開発センターにエンジニアとデザイナーを配し対応しています。システム周りをすべて自社内で行うことで、ユーザーの要望をスピーディーに反映できる体制を整えています。

何を目指しているのか?

メディア事業では、今後もさらに多くのユーザーを獲得して、妊娠・出産・育児領域でトップのメディアになることを目標としています。また、産婦人科向けサービスもさらに充実させ、導入実績を伸ばしていきます。

既存事業を拡大すると同時に、新規事業にも挑戦していきます。具体的には、「ベビーカレンダー」ユーザーとは異なる領域で、女性をターゲットとしたメディア(アプリ・Web・紙媒体 etc.)の運営を検討しています。想定しているのは、「20代、30代女性向けのメディア」「40代女性向けの“生活領域”のメディア」「50代女性向けの“アンチエイジングや健康領域”のメディア」「60代以降の女性向けの“介護・終活領域”のメディア」などで、すでに具体的に準備を進めているものもあります。私たちの強みである「編集力」を生かして、それぞれのターゲット層の女性に対して「あってよかった」と言われるようなサービスを作っていきます。

何を必要としているのか?

既存事業の拡大、新規事業の創出に取り組むにあたってご協力いただける事業者様を対象に、M&Aを検討しています。

具体的に検討している業種としては、ホームページ、ウェブサイトの制作会社や広告会社などを想定しております。現在、産婦人科向けサービスの一つとしてホームページや動画制作を行っていますが、今後は全国各地の医院に対するサポートを充実させるため、大阪、名古屋、福岡などの主要都市に本社がある制作会社を仲間に迎え、各地に拠点を展開していきたいと考えています。ディレクション機能だけでなく、実制作の機能も社内に備えている会社様と組む形が理想です。

もう一つ検討しているのは、Webメディア・アプリ・紙メディアのM&Aです。当社は先ほど説明したように、各世代の女性に向けた新規メディアの立ち上げを目指しています。当社が取り組もうとしている領域で、既にメディア運営を手掛けている事業者様との出会いを期待しています。

何を提供できるのか?

当社が提供できるメリットとしては、まず顧客基盤が挙げられます。産婦人科向け事業では全国450院の産婦人科と取引があり、メディア事業では約1000万人の月間利用者がいます。当社と組むことで、これらの顧客基盤へのアプローチが可能になります。

また、当社がメディア事業で培ってきた実績・ノウハウを活用していただけます。メディア事業は2015年に「クックパッドベビー」のサービス名でスタートし、2017年のサービス名変更を経て現在に至ります。ここ数年でユーザー数は順調に増え、ターゲット層の女性の間での認知度は6割(自社調べ)にまで広がりました。メディアをスピーディーに成長させることにかけては、豊富なノウハウを有していると自負しています。

私自身はかつてベネッセコーポレーションに在籍し、女性向けサイトの立ち上げなどを手掛けた経験があります。また、クックパッドの執行役時代には、広告事業、広報、ベビー領域、キッズ領域などを担当しました。メディア・IT事業の運営・経営に20年以上かかわってきた経験を生かし、新しく仲間に加わっていただく事業者様の経営をサポートします。もちろん、必要であれば資金も提供します。

起業家・経営者に向けてひとこと

ITやメディア分野の経営において最も重要なのは、スピードです。世の中がめまぐるしく移り変わるなかで、企業は常に新しい打ち手を繰り出していかなければ、成功することはできません。当社はこれからも、失敗を恐れずに新しいチャレンジを続けていきます。

また、当社の社風や行動指針は「誠実に実行する。」「お客様が中心であること。」です。たとえばメディア事業では、SEO対策などにリソースをかけてページビューを稼ぐことよりも、信頼性の高い記事を世の中に発信することを最も重視しています。各事業の内容も、短期間で大きな利益が上がるようなものではありませんが、世の中に役立つ記事を提供し続けていくことで、着実に利益は伸びていくと考えています。これからも人々のためになり、社員が胸を張れるような仕事を地道に続けていきたい。

こうした事業理念に共感くださる方と一緒に仕事がしたいと思います。
多くの事業者様からのご連絡をお待ちしております。
【弊社紹介記事】↓↓↓
http://www.tobeg.co.jp/magazine/archives/2445