国内トップクラスのAWS導入実績を誇るサーバーワークスが「尖った」SaaS企業を募集!

  • 会社・事業買収
    出資
気になるに追加すると、追加した企業に一括で打診することができます。
売却案件を公開している場合、相手企業に通知が届きスカウトを受けることができます。
株式会社サーバーワークス

株式会社サーバーワークス

  • 公開日:2020/01/21
  • 更新日:2020/01/21
  • 気になる:24

このキーワードにマッチする企業をさがしています

募集の概要

買収対象領域
●法人顧客の課題をピンポイントで解決できるSaaSソリューションを持っている事業者(例:コラボレーションやコミュニケーションツールとしてのSaaS、何らかの業務に特化したSaaS、SaaSセキュリティ製品など) ●IT分野を対象とした教育研修サービスを提供している事業者様
募集の特徴

M&Aの方針

買収対象業種
買収除外対象
上記と全く関連のない領域は対象外とさせていただきます。
買収予算
〜5,000万円5,000万円~1億円1億円〜3億円3億円〜10億円10億円〜
ロックアップ
交渉次第

M&Aの戦略

何をやっているのか?

サーバーワークスは、AWS(アマゾン ウェブ サービス)専業のソリューションプロバイダーとして、AWS導入支援、AWS運用サービス、AWS自動化ツールなどの各種ソリューションを提供しています。

たとえば導入においては、従来のオンプレミス環境で運用されてきたシステムを、クラウド環境へ移行する際の移行戦略の策定から基盤のデザイン、構築・導入支援サービスを提供。また、AWSを中心としたクラウドサービスに当社独自の価値を付加したソリューションとしてお客様にリセールしています。さらに、AWS上で構築したシステムの性能監視や障害監視、復旧対応など、24時間365日対応の運用代行サービスを提供しています。

AmazonがAWSを提供しはじめたのは2006年。当社は2008年からAWS移行支援などのサービスをスタートしました。自分たちが使って納得できるサービスだけをお客様に提供するために、2008年より社内サーバーはすべてAWSを使っています。AWSを扱う会社のなかではかなり早い段階で参入し、実績を積み重ね、技術力を高めてきたのが当社の強み。2020年1月現在までで、お客様へのAWS導入実績は760社・7,400プロジェクトを超え、とくに従業員1万人超の大規模企業に対する導入実績が増えています。

AWSではパートナーをランク付けしていますが、当社は最上位の「プレミアコンサルティングパートナー」に2014年から継続して認定されています。このランクに選ばれている会社は世界で約90社、日本では9社のみ。AWSの成長とともに最上位パートナーである当社の知名度も向上。これにより新規顧客からの引き合いの増加につながり、ひいてはストックビジネスを伸長させる好循環につながっています。

何を目指しているのか?

当社のビジョンである「クラウドで、世界を、もっと、働きやすく」の実現を目指しています。より多くの企業がクラウドによって競争力を高め、そこで働く従業員が「働きやすい環境になった」と思えるような社会にしていきたいと考えています。

働きやすい環境をつくるためにまずは、オンプレミスでサーバーを運用している会社に、クラウドサービスを利用してもらい、運用負荷や運用コストの軽減を実現してもらうことが必須だと考えます。それに加えて、さらに働きやすさを高めるような、クラウドならではの便利なサービスを提供していきたい。

たとえば、仮想デスクトップサービスAmazon WorkSpacesを使ってクラウド型仮想デスクトップを構築することで、場所にとらわれない働き方を、セキュアにかつ短期間・低コストで実現する。「働き方改革」という社会的課題に対応するためにも、働きやすさの向上やデジタルトランスフォーメーションの実現にクラウドで貢献していきます。

何を必要としているのか?

当社が提供するサービスは、IaaS(Infrastructure as a Service)やPaaS(Platform as a Service)のレイヤーが中心ですが、AWSにはSaaS(Software as as Service)を提供する基盤としての機能もあります。今後当社はSaaS領域も強化することで、クラウドのことを1から10まで任せてもらえる会社になっていきたい。そのためにも、「尖った」SaaSソリューションを持っている事業者様と、ぜひ一緒にビジネスをしたいと考えます。

具体的には、コラボレーションやコミュニケーションツールとしてのSaaS、なんらかの業務に特化したSaaS、SaaSセキュリティ製品など、特定の顧客の課題をピンポイントで解決できるようなソリューションを持っている事業者様を想定しています。SaaSのジャンルや企業規模は問いません。

たとえば当社では、お客様とオペレーターの通話内容をAIで分析し、サービス品質の向上や業務効率化をお手伝いするコールセンターソリューションの提供をしています。これは当社のAWSと、外部のパートナー会社の音声感情分析AIを組み合わせて実現したものですが、こういったかたちでのシナジーをM&Aや業務提携などによってもっと推し進めていきたいと考えます。

もう一つ想定しているM&A候補は、教育研修系の業者様です。当社のお客様のなかには、AWSの運用を自社で行いたいという会社も多くあります。IT分野を対象にeラーニングなどの教育研修サービスを提供している事業者様と当社が組むことで、そのようなお客様のニーズにマッチするサービスを提供できると考えています。

何を提供できるのか?

パートナーとなっていただく事業者様に対して当社が提供できる大きなメリットとしては、「経営基盤」「目利き力」「働きやすい環境」が挙げられます。

当社は2019年にマザーズ上場を果たしました。上場基準を満たせるレベルの強固な経営基盤を保ち、かつ成長し続けています。そのノウハウやリソースを今後M&Aでご一緒する事業者様にも提供できます。優れた技術やサービスをお持ちの企業はたくさんあっても、それをスケールさせて利益を出し、成長し続けていける企業は少ないといえますが、当社にはそのノウハウがあります。

また当社は、先陣を切ってAWS市場に参入したことをはじめ、ITツールに対する目利き力があると自負しています。たとえば、ファイルコラボレーションサービスのBoxや、チャットサービスのSlackなども他社に先駆けて導入し、自社の業務改善に生かしてきました。この目利き力を生かして、今後M&Aでご一緒する事業者様にも、オペレーションやバックグラウンドの改善を提案できます。

働きやすい環境を提供できることも当社のメリットです。ビジョンが示すように、当社は働きやすい環境の構築に力を入れています。たとえば、すべてのコミュニケーションにはSlackを活用し、紙のオペレーションは一切ありません。リモートワークやテレワークも導入しています。上場企業でありながら、柔軟で新しい環境を構築できている例は珍しいといえます。数人規模のベンチャーで働いてきた方にとっても馴染みやすい職場なのではないでしょうか。

起業家・経営者に向けてひとこと

これまで当社は、インフラから保守運用までを一気通貫でお客様に提供してきました。ここからさらに一歩踏み込んで、お客様の生産性改善まで貢献できるストーリーを一緒に描いていただける事業者様を求めています。

日本ではまだM&Aに対して、「買収された」という負のイメージを持っている人もいます。しかし、たとえばアメリカでは、M&Aはイノベーションや成長戦略を実現する1つの手段として認知されています。M&Aを通じて一緒に成長し、お互いを高め合っていきましょう。自分たちの製品・サービスをより羽ばたかせて、社会をよりよくしていこうと考える事業者様とぜひご一緒したいです。