close
close
menu
お気に入りに追加すると、追加した企業に一括で打診することができます。
売却案件を登録している場合、相手企業に通知が届きスカウトを受けることができます。
  • 会社・事業買収

「食×人材」事業を手掛けるクックビズが、「食×something」打って出るためにパートナー求む!

  • 買収予算:3億円〜10億円
  • 買収期間:最短2ヶ月
  • 募集エリア:未設定
クックビズ株式会社(証券コード:6558)

クックビズ株式会社(証券コード:6558)

  • 公開日:2020/03/03
  • 更新日:2020/03/03
  • 気になる:12

このキーワードにマッチする企業をさがしています

募集の概要

会員登録、もしくはログインすることで見ることができます

M&Aの方針

会員登録、もしくはログインすることで見ることができます

M&Aの戦略

何をやっているのか?

「食×人材」が、クックビズのメイン事業です。当社のミッションは、「食に関わるすべての人の成長を実現する」こと。この未来を実現するため、今できることを逆算しながら、事業を展開しています。人材業をメインにしているのは、飲食業界が抱えるもっとも大きな課題が人材不足だからです。人に関する課題を改善・解決できれば、飲食業界はもっと良くなる。2007年の設立から、その信念を持ち事業に取り組んできました。 会社が成長し、現在では人材紹介や求人広告サービス、ダイレクトリクルーティング、研修サービス、メディア事業とさまざまなサービスを提供しています。このうち、メイン事業となる人材紹介では、「食」の提供に関するところをすべて対象としている点が特徴です。外食店だけではなく、介護施設、給食センター、病院、宅食・中食業者、ホテル・ブライダル施設など、幅広い業界に対応しています。そのほか、店舗管理や接客スタッフといった調理以外の部分に携わる人材、パティシエやバーテンダーといった専門職、事業部長など高いキャリアを持つ人材にも対応。 現在、全国8拠点に展開しています。全国展開している競合がいないため、これも弊社の強みです。地域によって異なる豊かな食文化を誇る日本では、地域の料理ならではの調理技法、食文化が根付いています。弊社では地域性も網羅できるため、「この料理に長けた職人がほしい」といったニーズにも対応できるのです。

何を目指しているのか?

「食を、世界のまんなかに。」──これが、当社クックビズが目指す世界です。日本の飲食業界が抱える課題は人材不足が主ですが、中長期視点で見てみると、さらにさまざまな課題をはらんでいることがわかります。たとえば、2015年に国連サミットで採択されたSDGs。世界が解決していくべきこの課題には、「飢餓をゼロに」「安全な水を」「海の豊かさを守ろう」など、食に関わるものがいくつか含まれています。 当社は、こうした食に関する社会課題をテクノロジーを活用して解決したい。そう考えています。

何を必要としているのか?

会員登録、もしくはログインすることで見ることができます

何を提供できるのか?

会員登録、もしくはログインすることで見ることができます

起業家・経営者に向けてひとこと

会員登録、もしくはログインすることで見ることができます