世界の最先端のセキュリティ製品やネットワーク製品を手がけるテリロジーがパートナーを募集!

  • 会社・事業買収
気になるに追加すると、追加した企業に一括で打診することができます。
売却案件を公開している場合、相手企業に通知が届きスカウトを受けることができます。
株式会社テリロジー

株式会社テリロジー

  • 公開日:2020/04/01
  • 更新日:2020/04/01
  • 気になる:15

このキーワードにマッチする企業をさがしています

募集の概要

買収対象領域
○セキュリティやネットワーク分野に強いエンジニアリング会社 ○クラウドサービスの構築および販売に強みを持つ会社 その他以下企業など •IT技術・専門商社 •セキュリティ領域 •インバウンド領域 •都市型コールセンター •アジア新興国IT販社
募集の特徴
買収スケジュール
公開情報、決算書類、文書による質疑応答等をもとに、簡易的なデューデリジェンスを行います。その後、面談を通じて、当社とのシナジーや事業の成長性を判断させていただき、迅速に意向表明いたします。

M&Aの方針

買収対象業種
買収除外対象
上記と全く関連のない領域は対象外とさせていただきます。
買収予算
〜5,000万円5,000万円~1億円1億円〜3億円3億円〜10億円
ロックアップ
交渉次第

M&Aの戦略

何をやっているのか?

テリロジーは1989年に設立。以来30年以上にわたり、情報ネットワークを支える技術や製品を提供してきました。「海外の最先端技術や製品をいち早く日本市場に提供する」ことに注力してきたことに加え、長年培った技術を生かして自社製品の開発も積極的に行っています。保守サービスやソリューションサービスの提供も含め、クライアント各社のニーズに応じたプロダクトミックスのソリューションを提供しています。
当社のお客様は、創業当初からお付き合いいただいている国内大手製造業をはじめ、大手通信事業者、金融事業者、官公庁・自治体など300社以上。ネットワークやITのプロからも頼られるITソリューションプロバイダーとして存在感を示しています。

現在、製品・サービス別に、以下の4分野でビジネスを展開しています。
○ネットワーク:ルータ、スイッチ、無線LAN、DNS/DHCP等のネットワーク製品の販売および企業内情報通信システムやインフラの設計・構築。
○セキュリティ:ネットワークセキュリティ製品、セキュリティ認証基盤、不正取引対策などの販売・構築。
○モニタリング:ネットワーク情報の収集・分析・可視化、サービス品質の検証、不具合の特定などを支援するソリューションやクラウドサービスの提供。
○ソリューションサービス:自社開発ソフトウェアRPAツール「EzAvater」、リアルタイム映像通訳サービス、ウェブ会議サービスなどのサービスの提供。

当社の強みは、(1)まだ日本市場にない先進・先端技術を海外から発掘し、お客様に提供する「目利き力」、(2)ネットワーク基盤からエンドポイントまであらゆる利用シーンをカバーする多様な「ソリューションラインナップ」、(3)先進技術製品、自社開発ソフトウェア商材、保守サービス、ソリューションサービスまで、プロダクトミックスで提供する「サービス提供の多様性」、(4)30年以上にわたる実績に裏打ちされる「技術力」、そして(5)成長著しいアジア新興市場にも展開する「グローバル対応力」にあります。

なかでも「目利き力」は、すべての強みのベースです。たとえば、シリコンバレーやイスラエルのスタートアップが開発したサービスを他社に先駆けて日本市場に持ち込む、といった活動を行っています。オンリーワンの技術・製品を独自に発掘し、日本企業に合ったかたちで提供してきたことが、お客様からの信頼獲得につながっています。

何を目指しているのか?

「NO.1 in Quality」をスローガンに掲げ、ネットワーク、セキュリティ、モニタリング、ソリューションサービスの4部門をそれぞれ拡大していくことで、売上規模の拡大を図ります。具体的に今後注力していく事業は以下の通りです。
・サイバーセキュリティ攻撃に対する事前予知および防御を行う製品・サービスの提供拡大。
・訪日外国人との言葉の壁を解決するための、タブレット・スマートフォンを利用した映像通訳サービス「みえる通訳」の提供拡大。
・働き方改革の促進に貢献するRPAツール「EzAvater」およびリモート会議システム「zoom」の提供拡大。
・成長著しい東南アジアにおいて、国内での成功モデルを展開。

当社グループの連結売上高は2020年3月期で約41億円の見込みですが、2021年3月期から始まる3カ年の新中期経営計画(現在策定中)のなかでは、この売上規模を大幅に拡大させる野心的な目標を設定したいと考えています。当然ながらオーガニックな成長では限界があるので、製品ラインナップのさらなる拡充やM&A・アライアンスなどの成長戦略を推進していきます。さらに長期的には、売上高100億円を達成したいという夢を持っています。

何を必要としているのか?

事業規模の大幅な拡大に向け、M&Aを積極的に検討しています。具体的には、以下のような企業様を仲間に迎えたいと考えています。

○セキュリティやネットワーク分野に強いエンジニアリング会社
企業のIT化の拡大に伴い、セキュリティやネットワーク分野の案件はますます増加しています。この分野でエンジニアを抱える事業者様をM&Aし、関連ビジネスの拡大を実現していきたいと考えています。
○クラウドサービスの構築および販売に強みを持つ会社
当社ではクラウド基盤構築のためのソリューションを多数提供していますが、今後さらに、クラウドサービスのニーズは高まっていくと考えられます。このようなニーズに対応するために、クラウド分野の構築や販売に強みを持つ企業様を求めています。

このほか、以下のような、現在、当社が展開するビジネスとのシナジーが見込めて、事業領域拡大につながるような案件であれば、幅広く検討したいと考えています。 なお、当社では現在東南アジアへの進出を進めております。

•IT技術・専門商社
•セキュリティ領域
•インバウンド領域
•都市型コールセンター
•アジア新興国IT販社

何を提供できるのか?

当社グループに加わっていただく企業様に対しては、経営資源(ヒト・モノ・カネ)をバランスよくご提供していきます。当社は招集精鋭、社員数約120人の陣容ですが、日本のトップクラスの企業とお付き合いがあり、一人ひとりの社員が、確かなスキルと大きな責任を持って活躍しています。加えて、他社にはないユニークな製品ラインナップ、さらに、安定した財務基盤も有しています。これらの経営資源を活かし、事業者様の経営や事業の安定化ならびに拡大を実現することができます。

また、当社は、大手企業を中心とする300社以上の顧客基盤を保有しております。この顧客基盤を活かし、事業の拡大を進めることができることは最大のメリットの一つです。

これまでのM&A実績としては、2017年にアイ・ティー・エックス株式会社の法人向けICT事業を取得し、株式会社テリロジーサービスウェアとして子会社化しました。同社は、従来テリロジーとしてはアプローチが手薄だった中堅・中小規模の法人向けに、通信インフラの導入等のソリューション型サービスや、店舗向けビジュアル通訳サービスを提供している会社です。このM&Aによって、両社の強みを補完するかたちで製品ラインナップや顧客基盤の拡充が実現。また、両社の人材が協力して新商品開発に取り組むなどさまざまなシナジー効果が生まれています。

単にM&Aを実施するだけでなく、当社には、M&A後の企業育成業務に携わってきたメンバーが少数ながら在籍していることから、グループの事業価値最大化のために、責任を持ってシナジー創出を進めていきます。

起業家・経営者に向けてひとこと

テリロジーはアットホームかつオープンな企業文化が特徴です。グループに加わっていただく事業者様に対しても、社風や理念を尊重し、できるだけ自由に活躍していただきたいと考えています。また希望されるのであれば、将来のIPO支援も行います。
M&Aのスキームについても、経営者様とコミュニケーションをとりながら柔軟に検討したいと考えています。
ぜひ一緒に、大きな夢を描いていきましょう!