close
close
menu
お気に入りに追加すると、追加した企業に一括で打診することができます。
売却案件を登録している場合、相手企業に通知が届きスカウトを受けることができます。
  • 会社・事業買収

商用CMSでシェアNo.1。Webマーケティングを総合的に支援できる企業を共に目指しましょう!

  • 買収予算:10億円〜
  • 買収期間:最短2ヶ月
  • 募集エリア:未設定
株式会社インフォネット

株式会社インフォネット

  • 公開日:2020/06/29
  • 更新日:2020/06/29
  • 閲覧数:723
  • 気になる:17

このキーワードにマッチする企業をさがしています

募集の概要

買収対象領域
・Webマーケティング ・SNSマーケティング ・Web制作 ・AIプロダクト開発 ・ソフトウェア開発 ・スマホアプリ開発 ・広告デザイン・制作 ・Webエンジニア・WebプログラマーのSES ・業務支援システムの開発(例:物流、介護、点検・修理・工事・配送などの業務支援システム) ・インサイドセールス
募集の特徴

M&Aの方針

買収対象業種
買収除外対象
上記と全く関連のない領域は対象外とさせていただきます。
買収・出資予算
10億円〜
買収・出資期間
最短2ヶ月
ロックアップ
交渉次第
その他M&Aの方針
全国展開に向け、地方企業も歓迎します。

M&Aの戦略

何をやっているのか?

2000年に福井県で創業したインフォネットは、Webサイトの受託制作からスタートしました。企業が名刺代わりにWebサイトを開設し始めていた時期で、当社はその波に乗り、Webサイトの受託開発で事業規模を拡大してきました。 Webサイトの開発には、企画・ディレクション、デザイン、コーディング、システム開発、運用サポートといったさまざまなプロセスがありますが、当社では各プロセスにおける専門スタッフを社内にそろえ、ワンストップでWebサイト構築サービスを提供。中堅・大手企業、官公庁・自治体など500社以上のお客様と継続的にお取引をしています。 Webサイトコンテンツ管理の効率化を図るため、自社でCMS(コンテンツ管理システム)の開発を進め、ここからもう一つの事業の柱が生まれました。2011年、社内システムをベースにパッケージ化した、オールインワン商用コンテンツ管理システム「infoCMS」をリリース。CMSツールにはオープンソースのものからソフトウェアメーカーが提供するものまで多数ありますが、なかでも「infoCMS」の強みは使いやすさにあります。操作性を徹底的に磨き抜くことで、専門的な知識をお持ちでない現場の担当者様がストレスなく使いこなせる簡単操作を実現。CMSの国内シェアで4年連続で第1位※を獲得しています。また、同シリーズの商品として、クラウド型統合顧客管理システム「infoCRM®」も提供しています。 ※出典:ITR「ITR Market View:ECサイト構築/CMS/SMS送信サービス/電子契約サービス市場2019」「ITR Market View:ECサイト構築/決済代行/CMS/SMS送信市場2018」SaaS型CMS市場:ベンダー別売上金額シェア(2015~2018年度予測) 最近では、お客様のWebマーケティングをさらに強力に支援するため、AI(人工知能)関連プロダクトの開発にも力を入れています。2019年には、AIチャットボット「Q&Ai」、リリース音声・テキスト解析AIプラットフォーム「Repotti」をリリースしました。「Repotti」は、Chatwork社の「Chatwork」、サイボウズ社の「kintone」とシステム連携するなど、活用シーンが広がっています。

何を目指しているのか?

当社は2019年6月に東証マザーズに上場しました。上場によって新たなステージに入ったという認識の下、これまでのWeb制作会社 兼 CMSメーカーの枠を超え、Webマーケティングのワンストップカンパニーとしての地位を確立したいと考えています。 現在、当社は、CMSツールやAIツール、Webサイトの受託開発、Web広告の企画・情報設計といった分野ではソリューションを提供できていますが、マーケティングオートメーションツールの提供や、真のグローバル化に対応する多言語APIの提供など手薄な分野もあります。それらのソリューションを、自社開発あるいは他社製品の販売代理、パートナーとの連携などによって提供することで、お客様のWebマーケティングにおけるデジタルトランスフォーメーションを支援する「Webマーケティング支援カンパニー」を目指します。

何を必要としているのか?

「Webマーケティング支援カンパニー」を目指すうえで、既存事業の深耕と事業領域の拡大の両面で必要なリソースを確保するために、M&Aを検討しています。具体的に検討している領域は以下の通りです。 ・Webマーケティング ・SNSマーケティング ・Web制作 ・AIプロダクト開発 ・ソフトウェア開発 ・スマホアプリ開発 ・広告デザイン・制作 ・Webエンジニア・WebプログラマーのSES ・業務支援システムの開発(例:物流、介護、点検・修理・工事・配送などの業務支援システム) ・インサイドセールス 上記のうち、WebやITを切り口としたさまざまなマーケティング施策を、現状分析、課題抽出、KPI設定などからコンサルティングできるノウハウ、仕組みをお持ちのWebマーケティング領域の事業者様は、「Webマーケティング支援カンパニー」を目指す当社には最もシナジーがあると考えており、特に歓迎いたします。 業務支援システムに関しては、特に当社のAIツールと貴社の製品・サービスを組み合わせることで、新たなソリューションの創出につながるような出会いを求めています。たとえば、AIチャットボットを専用端末に搭載し、物流や介護、フィールドサービス(点検・修理・工事・配送など)などの現場業務を効率化する――そんなソリューションをイメージしています。 M&A対象とする地域は全国です。当社は東京、福井、佐賀、大阪に拠点を持ち、お客様もその周辺の企業が中心ですが、今後は全国展開を視野に入れています。当社が展開していない地方でWeb制作を行っている事業者様にも興味があります。また、大阪支社は立ち上げて間もなくこれからの開拓となりますので、関西圏で実績を持たれている事業者様は特に歓迎です。

何を提供できるのか?

当社は500社以上のお客様と取引があり、そのほとんどが直接取引です。また「infoCMS」の導入実績は450サイト以上。この顧客資産を生かして、クロスセルやアップセルにより、売上拡大を図っていただくことができます。 一般的に、Webサイト構築やWebマーケティング広告などの新規顧客開拓の場面では、何らかの強み・差別化要素がないとアプローチも難しいといえます。当社には上場企業としての信用力がありますし、また、商用CMSとして高いシェアを誇る「infoCMS」を保有しています。こうした強みを生かした提案を行うことで、新規顧客開拓の足がかりにしていただくことも可能ではないでしょうか。 貴社において不足しているリソースがあれば、提供することも可能です。たとえばWebマーケティングの戦略立案には強みを持っているものの、Webサイト構築や、CMSツールの運用といったリソースをお持ちでない事業者様であれば、当社と協力することで発揮できるシナジー効果は高いと考えます。 これまでのM&A実績としては、2020年4月、フロントエンドエンジニアリング業務やディレクション業務を主軸に受託開発・SES等を手掛けるスプレッドシステムズ株式会社を子会社化しました。同社の参画により、高い技術力を有する開発リソースを確保することができ、両社にとって収益拡大につながりました。今後もこのようなM&Aを積極的に進めていきます。

起業家・経営者に向けてひとこと

新型コロナウイルス感染症の拡大によって、さまざまな産業において構造的脆弱さが露呈し、社会は大きな混乱に陥りました。しかし一方で、「非接触」「遠隔」を軸にしたサービスが浸透するなど、よい変化が起きた面もあります。新型コロナウイルスが落ち着きつつあるからといって、よい面まで元に戻す必要はありません。私たちのようにITにかかわる企業にとって、社会の変化は大きなチャンス。このチャンスを生かして、一気に成長を加速させていきたい。ぜひ、私たちと一緒に、社会を変えるソリューションの提供に取り組みましょう。