close
close
menu
お気に入りに追加すると、追加した企業に一括で打診することができます。
売却案件を登録している場合、相手企業に通知が届きスカウトを受けることができます。
  • 会社・事業買収

研究開発力を武器に独自サービスの創出を目指すMIRAItが、パートナー企業を募集!

  • 買収予算:3億円〜10億円
  • 買収期間:最短2ヶ月
  • 募集エリア:未設定
株式会社MIRAIt Service Design

株式会社MIRAIt Service Design

  • 公開日:2020/09/11
  • 更新日:2021/04/08
  • 気になる:12

このキーワードにマッチする企業をさがしています

募集の概要

買収対象領域
●ITインフラ開発 ●アプリケーション開発 ●クラウドサービス開発 ※特に以下のジャンルに関心を持っています ・スマホアプリの開発 ・倉庫管理システム(WMS:Warehouse Management System)など物流・小売業向けサービス ・オンライン授業など教育関係のサービス 沖縄、九州、大阪、四国、仙台、北海道などに拠点をお持ちの地方ITパートナー企業様との協業は大歓迎いたします。
募集の特徴

M&Aの方針

買収対象業種
買収除外対象
上記と全く関連のない領域は対象外とさせていただきます。
買収・出資予算
3億円〜10億円
買収・出資期間
最短2ヶ月
ロックアップ
交渉次第

M&Aの戦略

何をやっているのか?

MIRAIt Service Design(MSD)は、ITインフラ構築、アプリケーション開発などを提供しているSIベンダーです。2016年、大手グローバルベンダーからの分社化により設立されました。 主な事業として、インフラビジネスソリューション事業、SIビジネスソリューション事業、クラウドソリューション事業を行っています。 インフラビジネスソリューション事業では、サーバ構築、ネットワーク構築、保守・運用サービス、キッティングサービス、クラウドMSPサービスなどを提供しています。従業員は日本人が中心ですが、中国人、イギリス人、韓国人、ミャンマー人なども在籍。多国籍企業の強みを生かし、海外の最新ソリューションを日本に上陸させたり、日中間クラウドネットワークの構築・管理サービスを提供したりとグローバルな展開をしています。 SIビジネスソリューション事業では、企画検討・設計・製造・保守・運用までを行うアプリケーション開発や、経営課題の解決をITでサポートするITマネジメントを提供。また、クラウドソリューション事業において自社ソリューションのオフショア開発で培ったノウハウを生かし、お客様に対してオフショア開発サービスを提供しています。 クラウドソリューション事業では、IoT、AI、顔認証、データマイニングといった最新テクノロジーについて研究開発を行うとともに、新しいサービスの創出に取り組んでいます。 たとえばIoT分野では、これまでに公共インフラの危機予知・兆候監視・見守り・防犯のサービスを提供。現在工事が進んでいるリニアモータカーのトンネルにも当社のサービスが使われています。また、画像認識技術で混雑する駅構内の映像から白杖を持った利用客を発見し、駅員によるサポートを促す、といったサービスも提供しています。 取引先は一部上場企業や大手通信会社などの大企業が中心で、高い技術力と多彩なソリューションの提供により、お客様からの信頼を獲得しています。

何を目指しているのか?

MSDは従来、お客様からの受託案件に携わる「SIベンダー」でしたが、これからは「サービス・プロバイダ」として、独自のサービスを開発し、企業・個人を問わず提供することに軸足を移していこうとしています。そのために力を入れているのが研究開発です。独自サービス創出や最新技術の獲得を目的とした研究開発費は億単位に上っており、従業員200名の会社としては異例の規模といえるでしょう。今後も研究開発に注力し、クラウド時代にふさわしい自社サービスを開発していきます。 また「サービス・プロバイダ」への転換を図るうえで重要なのは、さまざまな分野のスペシャリストを集めることです。1人の社員があらゆる技術に精通することはできませんが、特定の分野のスペシャリストになることは可能です。そんなスペシャリストがそろった集団になるために、人材採用や教育研修、M&Aによる人材獲得に力を入れていきます。 従業員は300名を上限に増やしていき、そこから先は、人数ではなく収益力の強化に力を入れる計画です。それにより、300名であっても、3,000人規模の会社と同等の収益力を実現したいと考えています。

何を必要としているのか?

上記の戦略を推進していくために、ITインフラやアプリケーション開発、クラウドサービス開発などの事業を行っている事業者様のM&Aを検討しています。なかでも、以下のようなジャンルに高い関心を持っています。 ・スマホアプリの開発 ・倉庫管理システム(WMS:Warehouse Management System)など物流・小売業向けサービス ・オンライン授業など教育関係のサービス もちろんこれ以外のジャンルでも、当社の強みと融合することでシナジーが発揮できる事業者様であれば積極的に検討します。お気軽にご相談ください。

何を提供できるのか?

当社の高い技術力や研究開発力、海外ネットワーク、顧客基盤などの強みを活用していただくことで、ノウハウの獲得や新分野・新市場への進出、売上の増加などのシナジーが期待できます。 グループに参画していただく事業者様に対しては、親会社・子会社という関係ではなく、対等なパートナーとして、独立性を尊重したいと考えています。そもそも当社では、事業部ごとの独立採算制をとっており、予算や業務の執行はすべて事業部が管理しています。グループ会社についても、同じように独立性を保ちながら経営していただきます。 また、当社は、海外企業との取引も多数行っています。社内の公用語は日本語ですが、今後実験的に英語を公用語とするチームをつくることも検討しています。英語が得意、あるいは海外との取引に携わりたいといったニーズを持つ事業者様にとっては、当社にジョインしていただくことは大きなチャンスとなります。 MSDグループでは、これまでも数件のM&Aを実施してきました。たとえば2018年、東京、中国・南京、中国・南通に拠点を持ち、中国向けの自社パッケージ製品の開発を行う株式会社ソフトワイズをグループ化しました。2019年には、セキュリティソフト販売会社のRimicサポートセンター事業を譲り受け、新設した株式会社MSD Secure Serviceとして再スタートを切りました。現在では、MSDの開発案件をソフトワイズに委託したり、MSDで構築したインフラの監視・運用サポートをMSD Secure Serviceに任せたりできるようになり、MSDグループ内でカバーできるサービス内容が拡大しています。

起業家・経営者に向けてひとこと

MSDは、活発な研究開発をベースとした独自の技術力、そして新サービスの創出力を備え、国際色豊かな人材によるグローバル展開を行うなど、特色あるIT企業グループです。ぜひ私たちのパートナーとなって、一緒に成長・成功を目指しましょう!