「QuizKnock」運営のbatonが、教育やエンタメ領域で幅広くパートナーを募集!

  • 会社・事業買収
気になるに追加すると、追加した企業に一括で打診することができます。
売却案件を公開している場合、相手企業に通知が届きスカウトを受けることができます。
株式会社baton

株式会社baton

  • 公開日:
  • 更新日:
  • 気になる: 8

このキーワードにマッチする企業をさがしています

募集の概要

買収対象領域
●エンターテインメント ●教育 ●動画(映像)制作 ●メディア、アプリ開発、イベント企画など
実現したいこと
既存領域の強化
募集の特徴
買収スケジュール
公開情報、決算書類、文書による質疑応答等をもとに、簡易的なデューデリジェンスや面談を通じて、当社とのシナジーや事業成長性を判断させていただき、迅速に意向表明いたします。

M&Aの方針

買収対象業種
買収除外対象
上記と全く関連のない領域は対象外とさせていただく可能性があります。
買収予算
〜5,000万円5,000万円~1億円
契約締結までの期間
最短3ヶ月
募集エリア
北海道東北関東中部近畿中国地方九州・沖縄
ロックアップ
交渉次第

M&Aの戦略

何をやっているのか?

当社は、「遊ぶように学ぶ世界」をビジョンに、遊びと学びをつなげる各種サービスの運営を行っています。もともとは教育にまつわるアプリを開発する会社として2013年10月に創業し、2016年にWebメディア「QuizKnock」を立ち上げ。現在はYouTubeチャンネルQuizKnockを中核に、以下のように複数のサービスを展開しています。

【主な事業内容】
●自社メディア「QuizKnock」の運営
クイズで楽しく学べるWebメディアと、エンタメと知を融合させた動画コンテンツを提供するYouTubeチャンネルを運営。Webメディアは月間PV500万超、YouTubeチャンネル登録者数は210万人超を誇ります。

●企業とのタイアップ事業
企業とタイアップし、クイズ・謎解きイベントの企画運営を行っています。三菱地所設計、東京ドームシティ、漢字ミュージアムなどとのコラボ実績があります。

●ゲームアプリ開発
直感的な楽しさを通じて知力を鍛えるゲームアプリの開発を行っています。

このほか、書籍の刊行やイベントの開催、学校でのワークショップ・講演活動、学校法人の理事就任など、教育にまつわる活動を積極的に行っています。

何を目指しているのか?

当社は、教育市場、イベント市場、コンテンツ市場、広告市場に対して新しい価値を提供する“教育エンターテインメント産業”の創出を目指しています。具体的には次のような事業展開を考えています。

●「QuizKnock」のさらなる成長
より質の高いコンテンツの提供、伊沢拓司に次ぐ人気メンバーの育成などを通じて、チャンネル登録者数、視聴者数を拡大、多くの人にとって「テレビで見たことある」状態から「興味を持つ」状態へとステージを上げていきます。

また、企業とのパートナーシップを強化し、付加価値の拡大を図ります。

●教育現場へのアプローチ
QuizKnockが全国の学校で無償実施するワークショップ&講演イベント「QK GO」は、クイズを楽しみながら、学びの楽しさやコミュニケーションの大切さを理解できる機会となっています。このような取り組みを積極的に展開することで、教育市場におけるQuizKnockの価値を高めていきます。

●「QuizKnock」にとどまらない新しいチャレンジ
「遊びと、学びを、つなげたい。」というミッションに立ち返り、QuizKnockにとどまらない、新たなサービスを創出していきます。具体的には、若年層以外のユーザー獲得、IP(知的財産)化して展開し収益の柱を増やす、グローバル化を図る、などの戦略が考えられます。

何を必要としているのか?

「QuizKnock」の価値拡大や、新規事業創出につながる事業者との出会いを求めています。大前提にあるのは、当社のビジョンやミッションに共感してくれること。この共感さえあれば、業種や企業規模は問いません。

以下は想定している対象企業の一例です。

●エンターテインメント
イベント、映画、アニメ、音楽、ゲーム、スポーツなど、エンタメ業界の事業者を想定しています。オリジナリティあるアイデアと実行力で、教育をエンタメ化していきましょう。

●教育
学習塾、スクール、習い事教室、家庭教師などの教育サービスを想定しています。リアルのサービスに限らずオンラインサービスを展開する企業も歓迎します。

●メディア、アプリ開発、イベント企画など
QuizKnockの強みを生かせる、あるいはQuizKnockにこだわらず新たな教育エンターテインメントコンテンツの創出につながるような事業者を想定しています。

何を提供できるのか?

●「QuizKnock」の活用
QuizKnockという強力なコンテンツを持っていることが最大の強みです。2023年9月に行ったブランド認知度調査では、「QuizKnock」「伊沢拓司」の認知率は「10代」「20代前半」で7割を超え、全世代でも高い認知率を誇っています。このブランド力は広告・マーケティング施策の実施の際に非常に有利に働きます。

●高い企画力
QuizKnockでは東大、京大などのクイズ研究会出身のメンバーが、クイズとエンタメを融合した独創的な企画を日々立案しています。独創的な企画力を新たなコンテンツやビジネスのアイデア創出に活用できます。

●大手企業とのネットワーク
batonは従業員約80人の企業ですが、日本を代表する大企業や、中央省庁、自治体、教育機関などとの取引実績があります。このネットワークを貴社のビジネスに活用してください。

起業家・経営者に向けてひとこと

企業にとって売上・利益の拡大、規模の拡大は目標の一つですが、当社が最終的に目指すべきところはそこではありません。社会に対してどんな価値を提供できるかが重要だと考えます。

私たちbatonは、遊びと学びをつなげることで、世界をもっと面白くしたい。そんな思いに共感してくれる企業と、楽しみながら一緒にサービスやコンテンツ開発に取り組んでいきたいと思います。ぜひお気軽にお問い合わせください!