北陸でトップシェアを持つ人材派遣会社。社員教育やRPA支援など、新サービス創出のパートナー募集!

  • 会社・事業買収
    出資
気になるに追加すると、追加した企業に一括で打診することができます。
売却案件を公開している場合、相手企業に通知が届きスカウトを受けることができます。
株式会社G&G

株式会社G&G

  • 公開日:2020/06/09
  • 更新日:2020/06/09
  • 気になる:14

このキーワードにマッチする企業をさがしています

募集の概要

買収対象領域
●社員教育支援(教育プログラムの構築、リアルのセミナー/eラーニングのコンテンツ作成・提供) ●RPA(社内向け・外販を問わず) ●人材派遣(北陸・甲信越、東海、関東、関西、東北、中国、九州の事業者) ●日本語教育(外国人材受け入れ支援の一環として) ●グランドハンドリング等空港内事業(東海・関西・関東の事業者) ●警備(工事現場の警備や駐車場の車両誘導など。北陸の事業者) ●ビル清掃(北陸、関東の事業者)
募集の特徴

M&Aの方針

買収対象業種
買収除外対象
上記と全く関連のない領域は対象外とさせていただきます。
買収予算
〜5,000万円5,000万円~1億円1億円〜3億円3億円〜10億円
契約締結までの期間
最短2ヶ月
ロックアップ
交渉次第

M&Aの戦略

何をやっているのか?

G&Gは富山県富山市に本社を置き、人材派遣業を中心に事業展開している会社です。創業は2008年。地元・富山は製薬をはじめとする製造業が盛んな地域であることもあり、製造・物流のお客様を中心に、取引先を拡大してきました。現在、北陸エリアの人材派遣市場においてはトップシェアを獲得しているほか、東海、関東、関西においても一定の基盤を築いています。

当社の最大の強みは、徹底的に登録者目線に立ったサービス設計により、人材獲得において高い競争力を有していることです。求人用サイト「ハケンギフト」からの登録・応募後、コールセンターのスタッフが5分以内にレスポンスを行うスピード対応を実現しているほか、支払いの面でも、登録スタッフの生活を支えることを起点とした仕組みを構築。最近は派遣業界内でも普及してきた日払い・週払い対応を当社は創業時から行っており、申請の手軽さや振込手数料の安さなどにおいても、業界の先頭を走っていると自負しています。

代表の私、正橋は、別の人材派遣会社での勤務経験を経て、当時の仲間二人とともに独立し、当社を設立しました。私たちが独自の派遣会社を作りたいと考えるに至ったのは、当時の派遣業界全体の風潮に対し、疑問を抱いていたことが大きな理由です。
人材サービスにとっては、派遣先企業だけでなく、派遣スタッフもお客様であるべきなのに、業界内ではスタッフを大切にする視点が欠けがちになってはいないか――そうした思いを原点に、私たちはGive & TakeではなくGive & Give、略してG&Gを社名とする当社をスタートさせました。目先の利益を追うのではなく、ステークホルダーに真摯に、誠実に向き合っていけば、利益は回りまわって自分に返ってくる。社名に込めたこの信条を今も貫いていることで、実際にロイヤリティの高いスタッフが集まり、クライアント企業に対するスピーディーかつ満足度の高いサービス提供へとつながっています。

近年は、築き上げた採用ノウハウを生かし、サービス提供エリアを全国へと広げつつあります。同時に、製造・物流だけでなく、オフィスワークや医療・介護など他業種の開拓も行っており、その一環として、既存の専門特化した人材サービス会社との提携も積極的に進めています。

2018年6月には中部国際空港などで機内清掃や荷物の搬入業務などを行う人材を派遣する株式会社ピュアライン、同年12月には当社と同じく富山市に本社を置き、警備やビル清掃の請負業務を手掛ける総合警備エスエスケイ株式会社をM&Aによって仲間に迎えました。人口約5万人の愛知県常滑市にあって、約2万人が働くという特殊な立地事情を持つ中部国際空港、そして人材の高齢化が著しい警備・清掃業。これらの領域において実績を持つ2社に、当社の安定した採用力を投入することにより、Win-Winの関係を築くことができています。

何を目指しているのか?

当社は「明日を笑顔と優しさで満たす」を理念に掲げています。“Give & Give”の精神に立脚した私たちの人材マッチングの力を日本全国に、将来的には海外にも広げていくことが、創業時からの大きな目標です。

さらに、これまでの業務展開を通じて、クライアント各社の人事部門の皆様と緊密な関係を築くうちに、人手不足が深刻化する中でさまざまな悩みを抱える方々に対し、人材派遣・人材紹介以外の形でも、私たちのような社外の立場でお役に立てることが多数あると感じるようになりました。近年は、こうした提供サービスの多様化にも取り組み、人材派遣に次ぐ事業の柱へと育てていくことを目指しています。

たとえば、2年ほど前から始めた採用支援事業は、すでに120社近いお客様に導入いただいています。採用管理システムの開発・販売を切り口に、求人広告の文面作成や応募者への初期対応、さらには1次面接対応や採用フローの効果測定の仕組みづくりなどにも、最近は対応範囲を広げています。

また近年は、外国人技能実習生、そして2019年から制度がスタートした特定技能外国人が、国内の製造業を支える力として重要な役割を果たしています。こうした外国人材の受け入れに伴い、会社が役所に提出しなくてはならない申請書類の作成代行なども手掛けるようになりました。さらに、外国人スタッフの場合、業務や職場以前に、日本での生活そのものに慣れるにもフォローが必要です。この生活支援に関しては、外国人を受け入れている企業全般に対し、単体でのサービス提供も行っています。

今後、新たに導入したいと考えているサービスもいくつかあります。一つには、採用支援の延長線上で、採用後の社員教育についても、当社がお手伝いできないかと模索しています。教育コンテンツの作成にあたっては、もちろん専門家との連携が必要ですが、派遣事業を通じてワーカーと人事担当者双方の思いを深く知る当社なら、その強みをサービス設計に生かしていけるでしょう。それを通じ、せっかく採用した貴重な人材の定着率に悩む皆様の課題解決に貢献したいと考えています。

もう一つ、スタッフ派遣と並ぶ、人手不足対策の新たなソリューションとして、RPA(Robotic Process Automation)による業務効率化支援を始めることも検討しています。これも実現に向けては、技術面で専門家の力を借りなければなりませんが、クライアントの課題を丁寧に聞き出す当社のヒアリング力を生かした展開ができればという展望を持っています。

何を必要としているのか?

先ほど触れた新たなサービスの立ち上げに向け、一緒に取り組んでくださるパートナーを求めています。

社員教育に関しては、この領域のプロと組みたいと思います。教育プログラムの構築、リアルのセミナー/eラーニングのコンテンツ作成・提供において、経験と実績をお持ちの会社様を歓迎します。
RPAに関しても、社内向け・外販を問わず、構築・運用経験のある会社を求めています。

加えて、既存事業を強化していくためにも、新たな仲間を積極的に迎えたいと考えています。
まず、コア事業である人材派遣については、今後、寡占化が進み、スケールメリットが重要になると見ています。M&Aにあたっては、製造・物流分野に限らず、オフィスワークや医療・介護分野など含め、どんな分野を得意とする事業者様でも検討させていただきます。地域的には、当社の拠点のあるエリア(北陸・甲信越、東海、関東、関西、東北、中国、九州)であれば、連携が取りやすいと考えています。

外国人労働者の受け入れ支援サービスの関連では、日本語教育のプロと組む方向性も考えています。

グループ会社のピュアラインが進める空港内事業の領域でも、かつてのピュアラインと同様に、人材獲得に悩む事業者様を迎え、共存共栄を図っていきたいと思います。ピュアラインは最近、中部国際空港だけでなく、関西国際空港や羽田空港への進出を図っていることもあり、東海・関西・関東いずれのエリアの事業者様も候補になります。

同じくグループ会社の総合警備エスエスケイが手掛ける警備・清掃領域でも、同業者様のグループインを歓迎します。エリアの面では、高度な専門ノウハウが必要な警備事業に関しては、エスエスケイのある北陸エリアの事業者様が対象になりますが、清掃に関しては、関東圏の事業者様も検討させていただきます。

何を提供できるのか?

当社にとっての新領域(社員教育、RPA)の事業者様にとっては、サービス導入先として、当社の持つ1,500社を超える顧客基盤を活用できることが最大のメリットだと思います。クライアント企業の中には、すでに社員教育支援やRPA支援のサービス提供を待ち望んでくださっている会社様もあります。

一方、既存領域(人材派遣・紹介、外国人受け入れ、空港内事業、警備・清掃)のパートナーに対しては、当社のスタッフ採用力を投入できます。当社のスタッフ獲得の武器となっている登録・求人応募者へのスピード対応体制を構築するには、コールセンターメンバーの求人内容の理解度を高め、対応優先順位を最適化したオペレーションを標準化していくことが鍵になります。これまで北陸に次いで、東海、関東、関西など各地に拠点を増やし、体制構築ノウハウを展開してきた経験を生かし、新しくお迎えする事業者様の拠点においても、採用力アップの施策を進めていけると考えています。

起業家・経営者に向けてひとこと

パートナーとしての相性を見極めるにあたり、お持ちのスキルやノウハウについて考慮させていただくことはもちろんですが、私が最も重視しているのは、当社が理念に掲げる「優しさ」や“Give & Give”の精神に共感してもらえるかどうかです。当社は社員の採用にあたっても、カルチャーフィットを重視しているのはもちろん、人事評価においても、理念に対する理解度を評価基準に深く織り込んでいる会社です。

当社が創業時から大切にし、確かに根付いている精神を共有いただける経営者の方と出会い、ご一緒に「優しさ」を広めていけることを楽しみにしています。お声掛けをお待ちしております!