日中融合の強みを持つ独立系のソフトウェア受託開発企業。優秀なSEが在籍する受託開発企業を募集!

  • 会社・事業買収
気になるに追加すると、追加した企業に一括で打診することができます。
売却案件を公開している場合、相手企業に通知が届きスカウトを受けることができます。
ベース株式会社

ベース株式会社

  • 公開日:2021/09/22
  • 更新日:2022/02/01
  • 気になる:1

このキーワードにマッチする企業をさがしています

募集の概要

買収対象領域
●東京・横浜への通勤圏に所在するシステム受託開発会社
実現したいこと
開発リソースの獲得
募集の特徴
買収スケジュール
公開情報、決算書類、文書による質疑応答等をもとに、簡易的なデューデリジェンスを行った後、面談を通じて、当社とのシナジーや事業の成長性を判断させていただき、迅速に意向表明いたします。

M&Aの方針

買収対象業種
買収除外対象
東京・横浜が通勤圏外の事業者
買収予算
〜5,000万円5,000万円~1億円1億円〜3億円3億円〜10億円10億円〜
契約締結までの期間
最短2ヶ月
募集エリア
  • 関東
ロックアップ
交渉次第

M&Aの戦略

何をやっているのか?

日中融合の強みを生かし、システム開発を中心とする安定した売上を誇ります。 日中融合の強みを生かし、システム開発を中心とする安定した売上を誇ります。

ベースグループは、独立系のソフトウェア受託開発会社です。最新のIT技術を駆使し、日本と中国のSE(システムエンジニア)の強みを融合させ、「お客様に対して常に新しい価値を提供し続ける」ことを使命として事業活動を行っています。

当社の事業は、「モノづくり(システム開発)」「運用保守」の領域をメインターゲットとしています。ITサービスには、コンサルティングやパッケージソフトなどさまざまな形態がありますが、その根幹には必ず「モノづくり」と「運用保守」があります。

当社はこの根幹の部分を、強みである「業界の最先端を行く技術力」「お客様の要望に素早く応えられる機動力・動員力」「安心を実感して頂ける品質・サービスレベル」で支えています。

また当社は、受託開発事業のみの単一セグメントに専念して事業を行っています。受託開発事業の中のサービスラインとしては、「システム開発」「ERPソリューション」「その他ソリューション」の3つを展開。流通、金融、サービス、メーカー、公共、社会インフラなど、幅広い分野のニーズに対して、コンサルティング、開発、システム構築から運用保守まで充実した体制で、高品質なトータルソリューションを提供しています。受託開発にこだわって、付加価値の高いサービスを提供することで、業界平均を大幅に上回る営業利益率を実現しています。

当社の大きな特長でありコア・コンピタンスは、「日中の融合」です。日本のサービス精神や品質への高い意識、調和を大切にする文化を持ち、中国の高い技術力や最新技術に対する探究心、チャレンジ精神を持ちます。

各プロジェクトでは必ず日中融合チームを編成し、お互いの長所を組み合わせ、短所を補い合うことで、他社にはない高品質なサービスを提供しています。社員の比率は日本人と中国人がほぼ半々で、どちらかが少数派に感じることがないよう、この比率を維持することを意識しています。

何を目指しているのか?

当社がIT業界で目指すのは、ITサービスの基礎「ベース」になることです。ITの一番の基礎・土台・核となる「モノづくり」「運用保守」を支える縁の下の力持ちとして、社会にとって欠かせない存在になることが目標です。

イメージは「芝生」。咲き誇る花のような華やかさはなくとも、しっかりと根を張って癒やしと安心感を与えてくれる、そんな芝生のようなサービスを提供する会社になりたいと思っています。

経営資源を集中的に「ベース」の領域に投下し、この領域での競争力を極限まで高めていけば、ベースの芝生を無限に広げていける空間があると認識しています。“ベースの芝生”を徐々に拡大し、見渡す限り一面が“ベースの芝生”で埋め尽くされるような、高い成長力、高付加価値を生みだせる力、高い安定性を持った企業となるべく、成長していきます。

何を必要としているのか?

代表取締役社長・中山克成 代表取締役社長・中山克成

当社がITサービスの「ベース」として成長していくためには、より多くの人材を確保する必要があり、そのためのM&Aを検討しています。

●東京・横浜への通勤圏に所在するシステム受託開発会社
具体的な買収対象企業は、優秀なSEを抱えているシステム受託開発会社です。従業員規模は100人前後が理想ですが、少人数の事業者様も積極的に検討しますのでご相談ください。

提供しているサービスについては、システム開発やソフトウェア開発であればどのようなジャンルでも構いません。なお、当社が受託開発事業に集中特化しているため、当社グループにジョインしてくださる事業者様も同様に、受託開発を中心とする会社が望ましいといえます。

また、当社のプロジェクトは東京・横浜が中心のため、その通勤圏に所在する事業者様に限らせてください。

何を提供できるのか?

●多様な業種のプロジェクトの上流工程からの参画
当社の顧客は、大手システムインテグレーターや大手企業(金融など)がほとんどを占めます。当社グループにジョインすることで、大規模かつ多様な業種の上流工程のプロジェクトに携われることは、貴社にとってもメリットといえます。

●働きやすいオフィス環境
また、当社の本社オフィスは秋葉原UDXにあり、最近、人員増加に合わせて増床しました。人気エリアの秋葉原に通勤でき、広々としたオフィスで働けることは、仕事のモチベーションにつながるかもしれません。

●SE職向け研修制度・技術勉強会
SE職向け研修制度も充実させており、これを貴社の社員にも提供します。常時100種類以上のカリキュラムから選択して講習を受けられるプログラム、システム本部が開催する技術勉強会など、成長をサポートする環境が整っています。

●従業員にとってのチャンス
何よりも、当社自体が右肩上がりに成長を続けている企業であり、成長を続けることでプロジェクトの幅が広がり、新しいポストが増えています。つまり、社員にとってもチャンスが増えているということ。成長を続ける企業で仕事ができることは、SEにとっても大きな魅力といえます。

●バックオフィスの共有化・上場企業としての信用力など
その他、資金面でのサポート、間接部門・営業部門の共有化、東証一部(プライム市場該当予定)上場企業であることの信用力など、当社にジョインしていただくことで実現するメリットやシナジーはたくさんあります。

これまでのM&A例としては、2017年、システム開発会社である株式会社ゴートウソフト(以下、GTS)を子会社化しました。このM&Aにより、両社は新たな安定顧客を獲得でき、成長領域は大きく広がりました。

M&A後、両社の社員交流を徐々に進めることで、「日中の融合」という文化が自然と元GTS社員の間にも浸透し、狙い通りに統合が進みました。「日中の融合」というコア・コンピタンスがあるからこそ、他に比べ、M&Aによる高いシナジー効果が期待できると考えています。

2018年にはGTSはベースと合併し、現在は一つの会社として事業を行っています。GTSの社長は当社執行役員に就任しています。このGTSの例のように、数年後には当社と融合していただくことをM&Aの基本スタンスとしています。

起業家・経営者に向けてひとこと

当社は、新卒、中途、日本人、外国人、若手、シニア、男性、女性、一切区別なく、あらゆる多様性を受け入れています。真の意味でのダイバーシティーを実現しています。また、執行役員の公募等、やる気のある人にチャンスを与える企業です。

ぜひ当社の仲間になってチャンスをつかみ、会社も個人も一緒に成長しましょう!