close
close
menu
お気に入りに追加すると、追加した企業に一括で打診することができます。
売却案件を登録している場合、相手企業に通知が届きスカウトを受けることができます。
  • 会社・事業買収

「さがみ典礼」ブランドで冠婚葬祭事業を運営するアルファクラブ武蔵野が、酒類卸会社や葬儀会社を募集

  • 買収予算:3億円〜10億円
  • 買収期間:最短2ヶ月
  • 募集エリア:未設定
アルファクラブ武蔵野株式会社

アルファクラブ武蔵野株式会社

  • 公開日:2020/09/29
  • 更新日:2020/09/29
  • 閲覧数:855
  • 気になる:4

募集の概要

買収対象領域
●酒類卸事業者(全国の事業者が対象です) ●葬儀事業者(埼玉県・栃木県・長野県・福島県・茨城県・山形県・岩手県・島根県・静岡県で展開する事業者が対象です)
募集の特徴

M&Aの方針

買収対象業種
買収除外対象
上記と全く関連のない領域は対象外とさせていただきます。
買収・出資予算
3億円〜10億円
買収・出資期間
最短2ヶ月
ロックアップ
交渉次第

M&Aの戦略

何をやっているのか?

1962年の創業から55年間にわたり、互助会事業を主軸に事業を拡大してきました。埼玉県からスタートし、現在は栃木県・長野県・福島県・茨城県・山形県・岩手県・島根県・静岡県を加えた9県で葬祭事業とブライダル事業を行っています。各地で互助会事業者をM&Aしてきたことにより、営業エリアを各県に広げてきました。現在展開している主な事業は以下の通りです。 ●互助会事業「あるふぁくらぶ」 人と人が助け合い、冠婚葬祭の儀式を行うという考えから生まれ、発展したのが互助会です。経済産業省の許可を受けた事業者として、同省監督の下でサービスを提供しています。会員には月々少額を積み立てていただくことで、結婚式や葬儀を通常よりも安価な料金で提供しています。会員口数は42万口と日本有数規模を誇ります。 ●葬祭事業「さがみ典礼」 グループ会社を含めて9県で310を超える斎場を展開し、葬儀を提供しています。葬儀の司会サービスやご遺体のお姿を保つ技術を業界で初めて導入するなど、革新的な提案を続けてきました。1級葬祭ディレクターをはじめ経験と知識を持つ葬儀のプロフェッショナルが責任者として対応し、年間30,000件を超える葬儀のお手伝いをしています。担当者を再度ご指名いただくことも多く、年間4,300件以上のお客様にリピートしていただいています。 ●ブライダル事業「Belle Vie GROUP(ベルヴィグループ)」 グループ会社を含めて9県で38のウエディング会場を展開し、結婚式の挙行・披露宴の開催を行っています。伝統的なスタイルはもちろん、流行の人気スタイルをいち早く取り入れてお客様に提案しています。 各サービスの提供に当たっては、時流にマッチした新しい提案を心がけています。たとえば最近では、互助会事業において契約約款を見直し、Webから互助会加入の申し込みや会費の支払いを行えるようしました。また葬儀事業では、同業他社に先駆けていち早くWeb葬儀サービスの提供を始め、大変ご好評をいただいています。

何を目指しているのか?

当社は「人を愛し仕事を愛する」という創業の精神を大切にしながら、冠婚葬祭という儀式を通じて地域社会の発展、生活設計の合理化に貢献するとともに、皆様のニーズに対応すべくトータルライフサービスの完成を目指しています。 葬儀・結婚式など当社の主力事業は、少子化や新型コロナウイルス感染症拡大などの影響を受け、厳しい経営環境にあります。そこで今後は、葬儀や結婚式に限らず、人の一生のなかで執り行われるさまざまな儀式をサポートし、事業の拡大を図っていきます。お宮参りに始まり七五三や成人式、婚礼、銀婚式や金婚式、長寿のお祝いのほか、亡くなられた後の法事・法要など、お客様のライフサイクルに寄り添った多様なサービスの提供に力を入れていきます。

何を必要としているのか?

現在M&Aを検討しているのは、第一に酒類卸事業者様です。当社が今後、葬儀・結婚式以外の儀式全般に関するサービスに注力していくなかで、欠かせないものが「お酒」です。儀式・イベントにおける酒類の提供を、より効率的・低コストで行いたいと考えています。また、互助会の会員を多数抱えている強みを生かして、ギフト販売商品として酒類を扱う計画を立てています。 これらの施策を実施するために、現在、酒類販売の許可を取得するための手続きを進めていますが、より効率的・低コストかつ大規模に酒類を扱うなら、酒類卸の免許が必要です。しかし、酒類卸事業免許の取得には時間がかかるため、免許を持つ事業者様をグループに迎えたいと考えています。全国どの地域に所在する酒類卸事業者様でも構いません。ぜひお声をおかけください。 もう一つ、M&Aを検討しているのは葬儀事業者様です。当社が葬祭事業を行っている9県において葬儀事業を営んでいて、当社と一緒になることで葬儀事業を拡大していきたいとお考えの事業者様は、ぜひご相談ください。

何を提供できるのか?

酒類卸事業免許を持つ事業者様にとっては、当社のグループに加わっていただくことで、販路の拡大につながるというメリットがあります。実際に当社の互助会会員様に向けて試験的に母の日ギフト・父の日ギフト等の案内をしたところ、多くのお客様から「お酒を扱ってほしい」というご要望をいただいています。また、結婚式の引き出物や各種儀式のお土産としても、お酒は高い人気があります。当社事業に関連するさまざまなシーンで、酒類販売のニーズは高いと確信しています。また、当社と営業エリアが重複していない酒類卸事業者であれば、当社と組むことで販売エリアの拡大を実現していただけます。 葬儀事業者様に対しては、半世紀以上かけて培った「さがみ典礼」の信頼とブランド力をお使いいただけることが大きなメリットです。また、当社は葬儀会社のトップ企業としての豊富な経営ノウハウにより、赤字の互助会組織や葬儀事業者を立て直した経験が多数あります。当社グループに加わっていただく葬儀事業者様には、この経営ノウハウや経験を生かし、経営面での支援を行います。 当社は過去に、互助会組織、葬儀会社、結婚式場、ホテル等をM&Aしてきました。救済的なケースでも経営立て直しに成功しています。ありがたいことに、「さがみ典礼以外には売りたくない」と当社ブランドを信頼してお任せいただいたケースもあります。M&Aについて豊富な経験を持ち合わせているため、スピーディーな判断や柔軟な対応が可能です。

起業家・経営者に向けてひとこと

当社は、『「人のまごころややさしさ」といったものを敬い尊重し、自らも創りだすこと』を企業理念に、当社ならではの付加価値の高い商品・情報・サービス・ネットワーク・システムの開発に努めています。また、冠婚葬祭にまつわるさまざまな儀式を通じて地域社会の発展に貢献するとともに、お客様のニーズにいち早く対応すべくトータルライフサービスの完成を目指しています。当社の理念に共感していただける事業者様、ぜひお力を貸してください。夢の実現に向けともに成長しましょう!