お気に入りに追加すると、追加した企業に一括で打診することができます。
売却案件を登録している場合、相手企業に通知が届きスカウトを受けることができます。
  • 会社・事業買収

SMSや+メッセージのアクリートが、セキュリティとコミュニケーション領域の新規事業で仲間を募集!

  • 買収予算:3億円〜10億円
  • 買収期間:最短2ヶ月
  • 募集エリア:未設定
株式会社アクリート

株式会社アクリート

  • 公開日:2021/03/01
  • 更新日:2021/04/08
  • 気になる:6

このキーワードにマッチする企業をさがしています

募集の概要

買収対象領域
●当社の既存顧客へのクロスセルが可能なサービスを持つ企業 ●SMSや+メッセージ(SMSの次世代サービス)の新たな用途開発や提案が可能な企業 ●セキュリティ領域やコミュニケーション領域の新規事業につながる要素技術をお持ちの企業 (例えば、「多要素認証として利用されうる認証手段」や「パスワードの管理サービス」の技術)
募集の特徴

M&Aの方針

買収対象業種
買収除外対象
上記と全く関連のない領域は対象外とさせていただきます。
買収・出資予算
3億円〜10億円
買収・出資期間
最短2ヶ月
ロックアップ
交渉次第

M&Aの戦略

何をやっているのか?

国内のパイオニアとしてSMSや+メッセージ配信サービスを展開 国内のパイオニアとしてSMSや+メッセージ配信サービスを展開

当社は「デジタル社会に、リアルな絆を」をビジョンに、「コミュニケートするすべての人にセキュアで最適なプラットフォームを提供する」ことをミッションに掲げ、SMS配信サービスを展開しています。

2003年に個人向けを、2010年から法人向けに始めたSMS配信サービスですが、当時日本ではほとんど認知されておらず、市場は存在しませんでした。そのため、先行する海外のモデルを参考にしながらも、ゼロからシステムを構築。前例がないものはすべて自分たちで作る。これが当社のモットーです。

2011年、日本にLINEが登場すると、それに合わせて携帯電話番号を紐づけ、本人確認の目的で「携帯電話認証サービス」を開始。翌年、ステルスマーケティングなどが問題になり、当社は先行して2段階認証の普及と浸透を図りました。この一歩先を行く独自技術で多くの企業様の信頼を得て、2019年度末には1,000社以上の企業様に導入されています。

業界のパイオニアとして、国や行政が主催する多くのカンファレンスにも参加しており、「SMSフィッシング対策カンファレンス2020」では、モバイル事業者のSMS対策向上委員会に大手携帯キャリア4社様以外で唯一、当社社長の田中優成が登壇しています。こういった積み重ねにより、当社は業界のゆくえを読める独自の立場を築き上げてきました。

また、ビジョン・ミッションを実現するため、SDGsの取り組みにも注力しています。

何を目指しているのか?

成長戦略と更なる成長に向けた取り組み 成長戦略と更なる成長に向けた取り組み

携帯電話番号に連動したSMS事業は順調に推移してきました。収益の柱であるSMSを利用した「二段階認証」が国内や海外ブランドに多数採用されていることに加え、大手キャリア3社様の公式アカウントサービス「+メッセージ」に、当社保有の特許を活用したサービスを組み合わせ展開するなど、技術も加え差別化や競争優位を戦略的に作り出すことでSMS事業では業界のリーダーとして成果を上げています。

同領域は5G時代の到来やDXの浸透を見据え、VRやARなどのXR技術によるコンテンツリッチなアプリ・ITサービス分野に加え、行政機関や業務自動化を目的とするロボットやIoT、金融機関や、コロナ対応で取扱量が増加している流通・物流・デリバリー領域でも利用の拡大が期待されています。当社も現状に満足することなく、さらなる優位性を確立していきたいと考えています。

また、2020年8月には携帯電話番号に連動しない(捉われない)事業領域として、「新事業領域」を立ち上げました。AIやSpeech to textを活用したコミュニケーションプロダクトを持つ企業とのサービス連携や、米国大手コミュニケーションプラットフォーム会社とのパートナー戦略を開始しています。さらなる新事業領域を強化するため、人材補強や技術ソーシング、開発力の強化を勧めていきたい考えです。

何を必要としているのか?

SMSと+メッセージの既存事業と、新規事業領域の2軸でパートナーを募集 SMSと+メッセージの既存事業と、新規事業領域の2軸でパートナーを募集

テクノロジーは日々進化していますが、変わらないのは安全・安心を担保するニーズです。当社では、既存事業領域と新規事業領域で以下のような企業様と連携を深め、人々の安全・安心に貢献し続けたいと考えています。

●既存事業の強化ためのM&A
当社の既存顧客へのクロスセルが可能なサービスを持つ企業様に興味があります。また、「+メッセージ」を含むSMSの新たな用途開発や提案が可能な企業様にも興味があります。

●「セキュリティ×コミュニケーション」を軸とする新規事業領域のためのM&A
セキュリティ領域やコミュニケーション領域を軸に、新規事業の開発につながる要素技術をお持ちの企業様との出会いを期待しています。

例えば、ニューノマル時代を迎え、DXの浸透という時代背景もあり、セキュリティ認証分野やコミュニケーションの分野は、当社の一事業部門として拡大する可能性を見据えており、「多要素認証として利用されうる認証手段」や「パスワードの管理サービス」の技術力を持っている企業様に注目しています。

いずれの領域も、事業提携や出資から検討可能です。お気軽にお声がけください。

何を提供できるのか?

サービスを支える7つの基盤技術を提供可能 サービスを支える7つの基盤技術を提供可能

●長年にわたって蓄積した技術力
2010年より法人向けSMS配信事業を先駆けて開始した当社は、日本におけるSMS配信事業のパイオニア企業です。大量のSMSを瞬時に安定して配信できる信頼性の高い配信プラットフォームと、それを裏付ける高度な技術を提供可能です。

●業界を取り巻く法制度や技術の先読み力
当社は業界のリーダーとして、国や行政が主催するフィッシング・スミッシングの対策協議会や委員会に参加しています。そのため、セキュリティに関する制度的・技術的ノウハウを先読みしたビジネスを展開できることも当社の強みです。

●営業基盤
当社の高品質・高安定性・高セキュリティを極めたSMS配信サービスは、グローバルIT企業様をはじめ、国内大手企業様など1,000社を超えるクライアントにご利用いただいています。その顧客基盤を提供することで、貴社サービスや製品の拡大に貢献することができると考えています。

●バックオフィスの巻取り
連携先企業様のバックオフィス業務を巻き取ることも可能です。ベンチャー企業様やスタートアップ企業様が開発に集中できる環境を提供することができます。

独自の技術を持っていても営業力が生かせていないベンチャー・スタートアップ企業様などがあるかもしれません。そこに、当社が持つ経営資源をご提供することで、双方がより成長できるのではないかと期待しています。

起業家・経営者に向けてひとこと

代表取締役社長・田中優成 代表取締役社長・田中優成

当社の技術力や経営方針に共感していただき、すべての世代がデジタル・コミュニケーションにおける不安を解消できるよう、「安心」「安全」「信頼」につながるリアルな絆を作り出したいと願っています。

セキュリティとコミュニケーションのかけ合わせを軸に、社会課題の解決に一緒に力を合わせて成長していける仲間を募集します。Win-Winの関係を築き上げていきましょう。