大手企業向け研修やeラーニングを手掛けるアル―が、企業向け教育研修企業を募集!

  • 会社・事業買収
    出資
気になるに追加すると、追加した企業に一括で打診することができます。
売却案件を公開している場合、相手企業に通知が届きスカウトを受けることができます。
アルー株式会社

アルー株式会社

  • 公開日:2022/08/19
  • 更新日:2022/08/19
  • 気になる:4

このキーワードにマッチする企業をさがしています

募集の概要

買収対象領域
企業向け教育研修サービス企業様を募集しています! ●人事階層別研修領域(新入社員研修・管理職研修等) ●法人向けグローバル・語学研修領域 ●DX・IT人材育成領域 ●営業研修領域 ●その他専門研修領域 例:リーダーシップ研修、デジタルマーケティング研修、メンタルヘルス研修、ウェルビーイング研修、ダイバーシティ&インクルージョン研修、キャリア研修、ビジネスマナー研修等
実現したいこと
既存領域の強化
募集の特徴
買収スケジュール
公開情報、決算書類、文書による質疑応答等をもとに、簡易的なデューデリジェンスや面談を通じて、私たちとのシナジーや貴社の事業成長性を判断させていただき、迅速に意向表明いたします。

M&Aの方針

買収対象業種
買収除外対象
上記と全く関連のない領域は対象外とさせていただきます。
買収予算
1億円〜3億円3億円〜10億円10億円〜
契約締結までの期間
最短2ヶ月
募集エリア
  • 北海道
  • 東北
  • 関東
  • 中部
  • 近畿
  • 中国地方
  • 四国
  • 九州・沖縄
  • 海外
ロックアップ
交渉次第

M&Aの戦略

何をやっているのか?

新人から管理職、経営層、グローバル人材まで プロフェッショナルへの育成を支援しています。 新人から管理職、経営層、グローバル人材まで プロフェッショナルへの育成を支援しています。

当社は、企業向け研修サービスを行っています。2003年に、戦略系コンサルティング会社出身の創業メンバー3名でスタートし、『ロジカルシンキング100本ノック』に代表される教育研修プログラム『100本ノックシリーズ』を自社で開発し、従業員1000名以上の大手企業を中心に教育研修サービスを提供してきました。

2010年より、新たに『グローバル人材育成サービス』を開始。世界市場で戦うことが求められる日本企業の中で、グローバルに活躍できるビジネスパーソンの育成に取り組んでいます。2018年12月には、東証マザーズに上場(現在は東証グロース市場)を果たしました。

創業以来、アル―が一貫して大切にしてきたサービスコンセプトは、「育成の成果にこだわる」こと。成果を出すには企業研修においてもテクノロジーの活用が不可欠と考え、2019年9月からは、クラウド型のLMS(学習管理システム)である『etudes(エチュード)』を提供し、企業研修におけるDXを推進している他、2022年7月より、eラーニング受け放題の育成プラットフォーム『etudes Plus』のサービス提供を開始しました。

【事業領域】
●法人向け教育事業①:教室型研修
国内企業の課題解決のため最適化(カスタマイズ)した教室型研修を提供。コロナを機に、オンライン研修も提供しています。

●法人向け教育事業②:グローバル人材育成
海外拠点と連携し国内企業のお客様へ グローバル人材の育成を目的とした研修を提供。渡航しての現地研修の他、コロナを機に、海外でのビジネススキル研修や語学研修をオンラインでも提供しています。

●etudes事業
法人向けに、 クラウド型のLMS(学習管理システム)やeラーニングを提供。

●その他:海外教室型研修
中国、シンガポールにおいて 海外現地法人向けの教室型研修を提供。

これまでの取引社数は、累計で1500社を超え、大手企業の人材・人材育成部門に販売チャネルを持っている点は大きな強みです。特に、新人若手向け研修ではNo.1クラスの実績を誇ります。また、『etudes』をメインとしたLMSについては、自社開発体制・エンジニア組織を保有し、内製化しているのも大きな特徴です。

何を目指しているのか?

「『育成の成果にこだわる』を基本コンセプトとして、プロダクト開発と新領域開拓で、国内大企業育成マーケットのトッププレイヤーとなる」。これが当社の2025年教育研修事業のVISIONです。

2022年3月30日発表の「事業計画及び成長可能性に関する説明資料」における中期経営計画の通り2024年度の売上40億円弱の達成を目指します。またその先には将来的に業界トップクラスと言える売上100億円等の更なる事業規模を目指していきたいと考えています。

上記の実現のため、国内大企業顧客に対する業界の標準サービスを「研修から育成に変革」し、プロダクトやサービス領域を拡大していきたいと考えています。具体的には、既存の法人向け研修事業に加えて、ニーズの高い新たな企業内人材育成領域の強化を図っていく予定です。また、テクノロジーを活用したサービスも拡充し、当社の強みを活かしていきたいと考えています。

何を必要としているのか?

取締役 執行役員 社長室長:池田 祐輔 取締役 執行役員 社長室長:池田 祐輔

企業向け教育研修サービスとの協業を検討いたします。当社の顧客基盤・営業体制・研修商品開発力・LMSシステム開発体制等を活用することでシナジーが期待できることが条件となります。

●人事階層別研修領域(当社既存事業領域)
企業人事部を主とした顧客とし、新入社員研修・管理職研修等の人事階層別研修サービスを提供する企業。営業連携・商品サービスの拡充により、両社の業績成長を目指します。
 
●法人向けグローバル・語学研修領域(当社既存事業領域)
法人向けの語学研修、英語コーチングサービスを提供する企業。営業連携・商品サービスの拡充により、両社の業績成長を目指します。

●DX・IT人材育成領域(新規事業領域)
AI、データサイエンスなどDX分野の教育を提供する企業や、プログラミング教育、デジタルスキル教育、ベンダートレーニング教育等、IT技術者を育成するサービスを提供する企業。当社顧客基盤を生かした大手事業会社にクロスセル展開することで、時代が求める事業開発人材の育成と両社の業績成長を目指します。

●営業研修領域(新規事業領域)
営業力、マーケティング力の強化に強みをもつ企業。当社顧客基盤を生かしたクロスセル展開により、両社の業績成長を目指します。

●その他
上記の4領域以外でも、法人向けの研修事業を手がける企業は幅広く検討いたします。
例:リーダーシップ研修、デジタルマーケティング研修、メンタルヘルス研修、ウェルビーイング研修、ダイバーシティ&インクルージョン研修、キャリア研修、ビジネスマナー研修等

何を提供できるのか?

●大手企業を中心とする顧客基盤
大手企業1500社との取引実績があり、大手企業の人事部、人事育成部門への営業チャネルを保有しています。

●経験豊富なメンバーが揃う営業組織体制
40名体制の強力な営業組織を保有します。大手企業向け営業経験、実績が豊富なメンバーが多数在籍しています。

●eラーニングプラットフォーム『etudes』
研修メニューをオンライン提供していきたいと考えている企業であれば、当社のクラウド型のLMS(学習管理システム)を活用できる点は大きなメリットであると考えます。

●エンジニアリソース
上記『etudes』はすべて自社開発であることから、社内にエンジニア組織をもっています。このエンジニアリソースも活用可能です。

●東証グロース上場企業としての信用力
上場企業グループであることにより信頼感が高まります。ブランド力や採用力のアップも期待できると考えます。

●メンバーが力を発揮しやすい企業風土
経営陣は、日々お客様に向き合っているメンバーが最も力を発揮しやすい会社づくりをしています。共により良い組織をつくっていこうという企業風土も魅力であると考えます。

●過去のM&A実績
過去にM&Aを行った事業は現在当社の柱となる中核事業へ成長し、メンバーそれぞれが会社の主役として働いています。

●内部統制の構築、バックオフィス業務の巻き取り
法令を遵守した内部統制体制を構築しています。また、バックオフィス業務全般を当社で引き受けることにより、本来業務に集中することができます。

起業家・経営者に向けてひとこと

私たちアルーは、「教育は人の可能性を拡げる」を信念として、愚直に「人材育成」「教育研修」を事業の軸として取り組んできた企業です。これからもこの軸はぶらすことなく事業展開を行っていきます。

良い教育、良い人材育成を通じて社会を発展させる、という想いに共感してもらえる多くの企業との出会いを期待しています。

教育の質を上げたい、より良い教育をつくっていきたいという熱い想いをお持ちの企業は、ぜひお気軽にご連絡ください。お待ちしております!